BMXライダー/岡山 潤 日記

BMXライダー岡山潤から見たBMXに関する情報をメインに、身の周りのことを紹介していく日記です。

スチームローラー




※繰り返し再生する場合は、一度停止ボタンをクリックしてから再生ボタンをクリックしてください。

シートを掴んで走っている状態がスチームローラーです。

・最初は、自分の正面まで回ってこないところでシートを取りにいくと、バランスを崩しやすいかと思うので、自分の正面より少し回りきったところで、シートを掴みにいくと良いと思います。
シートを掴みにいく分、上半身の位置が移動してしまわないように注意しながら、右足を気持ち後ろに出すぐらいでバランスをとると良いかと思います。

・シートを掴んでからは、ハンドルの角度を斜めにして、円を書くようなバランスをとります。最初は真っ直ぐに進むように練習をすると、前後のバランスの感覚が掴みやすいかと思います。

練習をする際に、ケンケンをしながらスチームローラーの状態でバランスをとるようになりますが、最初はケンケンの状態からどうしても左のヒザが突っ張るように伸ばしてしまいがちになってしまうので、軽くヒザを曲げて重心を下げるようにしてあげるとバランスがとりやすいかと思います。
それと、ハンドルの上に上半身が覆いかぶさるようにしましょう。その状態を保つ為にも、ヒザを軽く曲げながら、右足でバランスをとると良いと思います。


技の戻りは、自分なりの戻り方で☆


::::: info :::::
☆「bmx web shop」 http://www.bmxwebshop.com
このブログの管理人/岡山 潤によるBMXショップ
BMXに関する質問など、気軽にお問い合わせ下さい。
問い合わせ: jun_grow@yahoo.co.jp

☆How to動画「FLAT」「Street」「Dirt

☆「Jun BBS★BMX乗り情報

シングルジャンプ


※繰り返し再生する場合は、一度停止ボタンをクリックしてから再生ボタンをクリックしてください。


一つのセクションをジャンプで飛びきります。

・セクションを飛びきるための漕ぎ(助走)が必要になってきます。

・リップから抜け出す時に、フロントを気持ちやや引き気味にして飛びます。

・飛んでからはローリングの時と同じ様に、上半身をハンドルに覆いかぶせ、視線はバックサイドに持っていきます。

・飛んでからバックサイドにフロントが届くようになったら、視線はバックサイドを見て、そのままフロントに体重をかけてリヤもセクションに引っかからないようにバックサイドの角度に合う様に引き上げます。
目測を誤ってフロントを落とさないように気をつけてくださいね。
※動画を見ると、着地にむかってフロントに体重がかかっていく様子がわかると思います。


↓別の角度から




===info===
「bmx web shop」 http://www.bmxwebshop.com

ローリング

うみかぜ公園のダートコースで撮影してきました。
現在、うみかぜ公園には有志のライダー達の整備で綺麗でいろんなサイズのセクションが有り、最初はでかいジャンプがあって躊躇してしまうこともあるかと思いますが、小さなセクションから上手にクリアしていく練習をすれば、そんな大きなセクションも楽しめる様になります。

このHow toが、ダートを楽しく走るため、乗りに行って挑戦したくなる気が起こるものになれば良いなと思います。

動画がちょっと速いんですけどね。(笑)


※繰り返し再生する場合は、一度停止ボタンをクリックしてから再生ボタンをクリックしてください。


これは、一つのセクションの上をフロントタイヤを着けることなく、リヤタイヤを地面から浮かさずにクリアする方法です。
これを覚えると、スピードを殺さずにセクションを抜けれるのと、ジャンプを覚える際に感覚が掴みやすくなると思います。

・リップ(ジャンプ側の先端)を抜けるときに、後ろにひっくり返らない様に上半身をハンドルの上に覆いかぶせ、ハンドルを自分に引きつけます。

・フロントが上がってから、そのままリアも浮いてしまわないようにひざを使ってリアタイヤを地面に押し付けるようにします。

・目線をバックサイド(セクションの着地面)に持っていくことで、フロントをバックサイドに落として、そのまま上半身から体重をハンドルに乗せてバックサイドを下っていきます。


↓別の角度から




コースを普通に走ることに慣れてきたら、このローリングを覚えるとスピード感やバランスをとっている感じがさらに楽しくなってくるんですよ!!


このセクションは、うみかぜ公園のコースの中でも小さい方なのですが、リップからバックサイドの間が凹んでいないセクションもあるので、最初はそこから挑戦してみると良いと思います☆


===info===
「bmx web shop」 http://www.bmxwebshop.com

うみかぜ公園のダート☆

37486aaf.jpg今日は、How toの動画を撮影しにうみかぜ公園のダートに行ったのですが、写真の通り、メチャクチャ綺麗に整備されてました!!

僕も最近はダートに乗ってなかったとは言え、うみかぜ公園には顔を出しているのですが、行く度に綺麗になってたり、新しいセクションが増えていたり、うみかぜ公園に来て有志で整備をしてるライダー達には、本当に感心しました!
僕もトレイルを作っていたことがあったり、うみかぜ公園のダートの地質を知っていたりするから、なおさらですね。


今日は久々のダートと言うこともあってか、走るのが怖かった〜。(笑)
でも、路面が綺麗だったので、ゆっくり走るにもジャンプなどしなくても無理なくいけばとても気持ち良く走れるコースでした。

整備しているライダーのみなさん、本当にご苦労様です!!


===info===
「bmx web shop」 http://www.bmxwebshop.com

ファイヤーハイドラント





th_DSC02472

th_DSC02483
フレームを回す時は後ろ足の振りが肝心。


th_DSC02475

th_DSC02485
フレームが回り始めたら、フロントホイールの上で前後左右へバランスを崩さない様に耐えながら、足を伸ばしてフレームをキャッチする。


この辺のポイントがわかっていると、成功への近道になるかな。

後は動画を見ながらブレーキを使うポイント等を参考にしてみて下さい。

続きを読む

ウィップラッシュ




この技は、僕の中でもとても熱いです!!

というのも、前に進みながらフロントを軸にフレームを一回転させて、まずメイク。でもこれは、何週も回せてしまうことと、フレームを回しながら、どこも漕がずにバランスをとり続けるというのが、とても気持ちの良い技なんです。

続きを読む

スクウェーカー


※繰り返し再生する場合は、一度停止ボタンをクリックしてから再生ボタンをクリックしてください。


・フロントブレーキをかけてリヤを上げた時に、自分はフロントのペグの上辺りで上手くバランスが取れるであろう位置をつかめる様に、何度も挑戦します。

・それ以降は、自分の漕ぎやすい位置まで一気に持ってこれるようにします。
自分の漕ぎやすい位置と言うのは、何度か挑戦してみて2回ぐらい蹴れた角度ぐらいが良いと思います。

・上手い上げ方は、手のひらでバーを押していくような感じです。
リヤが上がってから安定させる方法は、手のひらでバーを押しながら、上がってきたフレームを前に行き過ぎないように、シートをお尻に押し当てます。

・上記の体勢になったら、右足でタイヤを軽く蹴って後ろ向きに進みます。
タイヤを蹴っている時は、ブレーキをかけずに、タイヤから足が離れている時はブレーキをかけると良いでしょう。

・前後のバランスを取る際に、
前に倒れそうになる時は、お尻のほうに重心をかけるようにして、
後ろに倒れそうになる時は、タイヤを蹴る量を増やすか、蹴る回数をチョコチョコと増やして、後ろに進む量が増えればバランスを保てます。

・タイヤを蹴っている時が一番安定するので、より多い回数を蹴れるように挑戦してください。


ブレーキを使って、いくらでも漕げるようになった方は、動画の様にタイヤを蹴った足をタイヤに戻さずに、走りながらそのままバランスを保てるか挑戦してみてください。


::::: info :::::
☆「bmx web shop」 http://www.bmxwebshop.com
このブログの管理人/岡山 潤によるBMXショップ
BMXに関する質問など、気軽にお問い合わせ下さい。
問い合わせ: jun_grow@yahoo.co.jp

☆How to動画「FLAT」「Street」「Dirt

☆「Jun BBS★BMX乗り情報

ハイドラント






この技は、フラットを始めて一番最初にできる複数の技の要素を取り入れたルーティーンになると思います。
最初の壁になると思いますよ。続きを読む

ペグウィリー





一見、技としてはどこまでできたら技と言えるのかわからないような地味な技ですが、いろいろな技の入りや、リアトリックすべてにおいて必要になってくるような重要な技です。
練習の仕方は両手でバーを握って、左足を左リア、右足はバランスをとる為にどこにものせない状態でフロントを上げていき、その状態をずっと保つという単純な技です。
ただ、最初は腕がふらついてしまったり、フロントが上がった状態で上手くキープできなかったりします。


ペグウィリーを練習するコツとして、

続きを読む

バースピン






「バースピン」これは僕がBMXを始めた人に一番最初に教える技です。
やり方は、フロント(前輪)を浮かして回したりと、いろいろな方法があるのですが、もっとも怖くない挑戦しやすい方法を紹介します。

続きを読む
岡山潤プロフィール
th_DSC03506

Jun's BMX スポンサー
b_growshop

住所:千葉県館山市
年齢:39歳
生年月日:1979. 2. 6
自己紹介:1994年の夏の終わりからBMXにハマり、今でもフラットにストリート、いろいろと楽しんでいる。
神奈川県横須賀で30年過ごし、2009年9月から拠点を千葉県館山→南房総に移したBMXライダーです。
どちらの土地も素晴らしいと思います。

現在は「GROW BMX SHOP」と言うBMX専門店のオーナーをしています。
僕が対応していますので是非一度ご利用下さい☆


・サイト内人気コンテンツ
b_howto
フラットトリックを楽しむ為のHow toページ。

b_howtostreet
ストリートトリックを楽しむ為のHow toページ。


GROW BMX SHOP info
BMX専門ショップ
b_growshop
↑BMX製品のお買い求めは是非こちらにて☆

・通販で商品合計金額が10,000円以上の方は送料無料
(※完成車は大型荷物の為、送料が別途必要となります。地域によって送料が異なるため、事前にお問い合わせください。)

※現在、実店舗は休業中(不定期営業)となっております。 「GROW BMX SHOP実店舗の営業形態の変更に関してのお知らせ
店舗にてお買い物、修理、グローダートのご利用希望の方は、ご来店希望日時を明記の上「GROW BMX SHOP」にお問い合わせください。


GROW BMX SHOP

Facebookページも宣伝

「初級ストリート動画」
↓こちらは基本的なストリートトリックでBMXを楽しんでいるムービーです。
始めたばかりやこれから始めてみたいとい方は参考にしてみて下さい!!


岡山潤日記フォトアルバム
  • ライブドアブログ